新築アパートを検討するポイント(4) 営業

新築アパートでの不動産投資は、サラリーマンの属性を最大限に活かすことが大事です。
最大限まで引き出すには、最初は自分の判断ではなかなか進みません。
絶対的に相談できるパートナーが必要です。
「物件」「融資」「管理」をワンストップで対応できる会社は、本業のあるサラリーマン大家にとっては、多少の手数料を払っても心強く安心感があります。
その中でも「営業(担当)」の役割は非常に重要です。
私の初心者だけでなく、複数棟所有しているオーナーなど様々な方々と取引されているので、最適な提案と属性を最大限まで引き上げてくれる知見を持っています。
ただし注意すべき点は、新築アパート会社によっては、営業がすべてを対応しない体制をとっている場合もあります。
「収支のシミュレーションはできるのに、アパートの設計には詳しくない」
「金融機関の提案はできるのに、税制面の知識がない」
状況ごとに各担当が変わるのは、オーナーからすれば、非常にやりにくいです。
ある程度の規模の会社になると効率化のために分業体制が必要かもしれませんが、二人三脚でアパート経営をサポートしてくれるのが望ましいと思います。
数社のアパート会社から提案を受けましたが、営業担当の対応によっては、たとえ良い物件だとしても印象が変わります。
不動産投資のパートナーを選定する基準として各会社の商品やサービスも大事ですが、長期にお付き合いするならば、人とのコミュニケーションが重要だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする