新築アパートを検討するポイント(1) 物件

アパートを提案する会社を評価するうえで、4つのポイントを重要視しています。

1.物件
2.融資
3.管理
4.営業

当たり前のことですが、わたしがお会いした中で全体のバランスがとれている新築アパート会社は多くはありません。

物件は良いのに管理まではしていない、融資付けは抜群だけど営業のマインドがいまいちだったりします。

各項目ごとに検討ポイントを書きたいと思います。

まずは「1.物件」について
土地を含めたアパート仕様です。
各社が1番力を入れているところだと思います。

土地は本当に千差万別です。
提案された際には、何故この土地なのかを納得するまで聞いたほうが良いです。

例えば駅から15分する土地を提案されたとします。
普通であれば遠慮したくなりますが、必ずしも賃借人のターゲットが駅から電車で通勤、するとは限らないのです。

最寄り駅で働いているのであれば、徒歩15分で成り立つ場合もあります。

土地に関しては、あらゆる角度から課題がないか検討する必要があります。

また人気の地域はアパートが乱立している場合があります。

新築アパートを建てる場合は、新築アパートの間取りや仕様が差別化できるくらいの優位性があるかが重要です。

少なくとも10年以上は所有していたいので、一般的な1Kアパート仕様ではなく間取りや設備などで競争力のある物件が望ましいです。

「物件」に関しては基本的な内容でしたが、新築アパートを提案されたときは「理由がある土地か」「優位性のある間取りや仕様か」をベースに検討をするようにしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする