新築アパートは何年所有すべきか

新築アパートで不動産投資をどれくらいの期間持っておくべきか

最近の不動産投資関連のセミナーなども出口ありきの戦略を勧めています。

税制の関連でも短期譲渡売却の基準に5年経過ぎ基準に売却することがセオリー的な話が多いです。

中古ならまだしも新築アパートを5年で手放すのはいかがなものでしょうか。

土地もよく競争力がある新築アパートなら、通常は長期での所有が前提で購入していると思います。

ただ新築アパート業者によっては、売却前提での提案をしている事実もあります。

売却による現金化などが目的かと思いますが、アパート経営で収支が合わなくなってやむを得ず、売りにだしている場合が多いのではないでしょうか。

短期譲渡の5年以内の築浅アパートが市場に出ているのは、余程の理由で売却している物件だと思います。

そうなると、利回りが合わない不要なアパート物件がふ乱立することになります。

そのような地域は、客付けのためにアパートの賃料が安くなり、利回りがさらに悪循環になります。

アパート売却は、余程の決断です。

新築アパートは、基本長期所有だと思います。
最低でも10年は持つべきかと思います。

「最後は売れば大丈夫です」と売却を促してる新築アパート会社は注意したほうがいいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする