不動産投資の物件相場は戻るのか

株式投資がさえません。

イギリスのEU離脱で一瞬にして暴落するとは、株式投資の怖いところです。
私も僅かながら投資していますが、評価価値が一気に1割ほど下落してしまいました。
損切りしたいところですが、性格上「また戻るんではないか」と考えてしまいます。
株式投資には向いていないかもしれません。
不動産投資は安定的とはいえ、今回の離脱により、時間差はあるかもしれませんが、少なからず影響が出てくるかもしれません。
新築アパートは、相変わらず物件が高騰しています。
表面利回りも7パーセント前半に落ち着いている感じです。
※某有名新築アパート会社では、6パーセント台でも販売しているようです。
同じ土地に建てたものでも、去年と今では1パーセントほど差が出る場合もあるようです。
新築アパート会社も利益確保のために、利回りが低くなるのもやむ得ない感じですが、あまり低いと今度は、金融機関が融資しにくくなるようです。
販売する側もバランスが難しいようです。
土地や建築費の高騰が止まるのはいつになるのでしょうか。
株式投資と同じく「いつか戻るのでは」と思ってしまいますが株式投資以上に時間がかかりそうです。
早く複数棟購入を進めたい気持ちとのバランスは難しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする