新築RC一棟セミナーに参加して思ったこと

先日、時間ができたので都内の新築RC一棟をメインにした不動産会社のセミナーに参加してみました。

内容全般はデザイン性の優れた魅力的な物件の紹介内容ながらも一番重要な内容が理解しにくい印象でした。

1.物件の利回りを説明しない
他社の中古RC物件の利回りが3%前後であると説明しながらも自社開発の物件の利回りは結局知ることはできませんでした。
3%前後より良いかと思いますが、個別相談会で興味があればご案内しますという内容でした。
登壇者のコメントも「利回りよりキャッシュフローが大事です」ということを何度か説明されたのにとどまります。

2.キャッシュフローがわからない
「投資金額(1億~2億)に対してこれくらい規模の物件は建ちます」という説明で相場感は理解したのですが、どれくらいのキャッシュフローがわかりません。。
初心者にはイメージ先行してしまって肝心の収支計画が見えないのは残念です。

3.基本、富裕層相手の事例
「何億円の資産家が購入しています」「複数棟お持ちの大家さんが資産の入れ替えで新築RCを買われています。金利0%台で」的なセールストークでした。
サラリーマン大家にはあまりにも距離感のある話です。

4.入居率がわからない
「物件の企画、設計、建設」「融資アレンジ」「入居付から管理」のワンストップで行いますというわりには、重要な管理の話が出てきません、、
「物件」「融資」「管理」は不動産投資の3大要素ですが短時間とはいえ「入居率」がセールスポイントになっていないことに不安を感じます。

5.全般的に社員が暗い
セミナールームは大変きれいなのですが、登壇者以外の社員の方が暗いです。
同じ購入するにも全体的に明るい印象のほうが、心理的に相談しやすいです。

新築の住居用マンションのセミナーのように物件のイメージ先行で、今まで見てきた新築アパートのセミナーとは異なり中身がなかったです。
まだまだ発展途上の分野の投資方法なのかもしれません。

収支計画を知りたく個別相談会を申し込んだのですが、いまだ連絡がありませんw
(顧客の基準に会ってなかったのかもしれません、、)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする