管理会社のリフォーム費用の妥当性

アパート経営では、「管理」が非常に重要な位置を占めます。

サラリーマン大家をするならなおさら、パートナーとしての管理会社は大事です。

客付も大事ですが、退去後の清掃や場合によってはリフォームをお願いすることも多々あります。

本来であればリフォームはしなくても満室になる物件が望ましいですが、時代の流れや競合の動きをみてリフォームをせざるを負えない時もあります。
(新築アパートの場合は、10年近くは対応しなくても良いという論調がありますが、、)

リフォーム代金は妥当なのかという点は、不動産投資の初心者としては判断できないと思います。

クロス単価、職人の方の人工(人件費)などは、見積などで比較して初めてわかるものです。

退去した際は、できるだけ時間をかけずに清掃やリフォームをして、入居募集をしたいところです。

あまり時間をかけられないサラリーマン大家としては、自分でリフォーム会社を探すのではなく、信頼できる管理会社経由でお願いするしかありません。

気になる費用ですが、自分で手配するよりそれほど差はないです。

多少割高でも倍額になるレベルではありません。

管理会社も法外なリフォーム費用を請求して、オーナーから管理委託契約を解除されるまでのリスクはとらないでしょう。

ただし、大手管理会社は相場より高めの設定で請求してくる傾向があるようです。

大手なので、自社ビジネスを維持する広告宣伝費、人件費がかかるため、コストとして通常のリフォーム費用に上乗せされているのかもしれません。

大手の管理会社だから安心と過信せずに、最初はリフォーム費用の比較などして総合的に判断して管理委託することが大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする