関東近郊の中古RCが9%台になったという話

「北関東近郊なんだけど、中古RCで(表面)利回り9.5%で興味ある?」

先月末に不動産会社関連の方から提案を受けた話です。
昨年末は、都内でRC9%台の提案を受けましたがとうとう関東近郊でも10%を切ってきました。
(都内のRCは、入居付が直近の2ヶ月くらいで契約されていたので、怪しくて購入を辞退しました)

RCはエレベータや浄化槽があるとメンテナンスコストがかかる物件なので、表面利回りが10%以下だと回らないと聞いていました。

もはや中古RCも旨みが無くなってきているのでしょうか。

新築アパート会社の営業担当いわく「中古物件は、ババ抜きですから、、、」という言葉が印象的でした。
当時は新築アパートを売るためのセールストークだと思っていましたが、実感するようになってきました。

ここ数年来の「1年で数億円の不動産投資」は、地方の中古RCの住居系による手法で賑わいを見せていましたが
今は昔のような感じがします。

中古RCを礼賛していた有名不動産投資家の方もこぞって新築アパートにシフトしているような傾向があります。
新築アパートも市況の影響で利回りが6%台に突入しつつあります。。。

アジア系海外の富裕層による不動産購入が少し停滞してきているというニュースもありましたので
不動産の価格高騰が収まればいいと思いますが、すぐには状況が改善なさそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする