外観からわかる良いアパートの4つのポイント

不動産投資に詳しい方から、物件を選ぶときに良いアパートか外からわかるポイントを教えていただきました。

一般的には、外観の汚れやひびなどがないかの判断になると思います。

あとは植栽が綺麗に手入れされているかで、管理状態を判断します。

私も賃貸住宅に住んでいたときは、見た目で判断していました。

不動産に詳しい方は、視点が違いました。

1.エアコンの室外機の状態
設置場所も大事ですが、配管が丁寧に付けているかによって、工事のレベルがわかるそうです。

2.共用部分の清掃状況
特にエントランスと階段は汚れが目立つようでは、清掃が定期的にされてないことが多いようです。

3.郵便ポスト
こちらの利用状況で住民の質が判断できるようです。チラシが埋まっているポストは論外らしいです。

4.駐輪場
自転車の置き方によって、住民同士の関係性が良好かが判断できるようです。大事に使っているだけで、お互いに配慮している意思があると思われます。

普段、何気なく見ている箇所も専門家からみれば、良い物件かの判断材料ななります。

改めて物件選びは、利回りだけでなく、現地での注意深い調査が必要だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする