不動産投資に絶対的な手法はない

新築アパート経営を開始していますが、スタート時の判断であって絶対的に有利とは限らないです。

実際に私は中古区分マンションから開始していますし、当時は一棟モノなんてリスク高すぎだと思い、都内中古ワンルームを信じて疑いませんでした。

実際に昨年末に売却して、3年半の収支は200万前半の収益でした。

特にトラブルもなく、ほとんど手にかかることなく、3年半で200万溜まれば、たしかに銀行の定期預金より良いと思います。

一棟モノで進めている人からすれば、規模が小さいかもしれませんが、リスクを取りたくない人によっては確実で素晴らしい投資方法だと思います。

最近、中古RCは良いとか新築ワンルームは悪いとかの論調に疲れてきました。

自分の置かれた環境、状況によって不動産投資の手法は異なると思います。

アパートを複数棟運営していても、戦略上、新築ワンルームを購入する不動産投資家の方もいらっしゃいます。

成功も失敗もタイミングとマッチングによるものかなと考えるようにしています。

まずは、自分の選んだ新築アパートで安定した基盤を作りたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする