不動産投資家の紹介物件で注意すること

不動産投資家の方から、所有の鉄骨造アパートを買わないかと連絡がありました。

まだ私が不動産投資自体を知らない頃から、熱く不動産投資を始めた方で、今では複数棟のアパート経営をされていらっしゃいます。

売却しているアパートのスペックです。
・築6年
・鉄骨造
・3階建て
・10戸
・1K(20㎡前後)
・千葉県柏市
・東武沿線駅 徒歩6分
・9,200万円
・表面利回り7.0%
・満室賃貸中

首都圏の鉄骨造アパートで有名なS社の物件ですが
新築アパートとのスペック比較や融資条件を想定して試算してみました。

正直、この物件はないなぁと思いました。

先輩曰く「専属媒介してるが、自分通しなら仲介手数料はいらないよ」ともアピールしてくれました。

不動産投資の初心者なら、詳しく聞かせてほしいと思ったと思いますが、色々勉強した自分にとっては申し訳ないですが、購入する理由がないです。

明らかに短期譲渡の5年が過ぎて売り抜けようとのされています。

購入当時は、確か8,000万円くらいだったと聞いてましたので、かなりの売却益を見込んでいるのでしょう。

不動産は友達だから安心して買える商材ではないです。

よく本も出されている有名な不動産投資家が、自分の物件を売り抜けるためにセミナーや自身で主宰している組織の有料会員に紹介しているとも聞いたことがあります。

ひどい話ですが現実にあることだと思います。

やはり不動産投資は、人に任せるのではなく自分の基準を設けることはとても重要だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする