eTAXで納税シミュレーションをしてみる

確定申告の時期ですが、いつも締切直前に対応をしてしまいます。

申請期間が1か月もあるというのに夏休みの宿題のごとくギリギリになって おり、今年も今週末を使って格闘中ですす。

初めて区分マンションを購入したときは、税務署に並んで職員の方に教えてもらいながらパソコン画面に入力していました。

途中、減価償却の出し方がわからずに、近くの青色申告会で教えてもらることに、、1時間くらいで終わるとみたたのですが、結局3時間もかかる苦い経験をしております。。

昨年からはeTAXで申請することしました。
住基カードの申請など事前準備も必要なのですが、これは非常に便利です。

1.マイペースで24時間どこでも対応できます
税務署では、項目ごとに職員の方に聞きながら丁寧に入力をします。
混み合っているときは、マンツーマンにはならず巡回している人を捕まえながら行うので時間がかかります。
eTAXであれば本当に時間を気にせずに、コーヒーを飲みながら申請ができます。

2.添付書類の提出省略
一番メリットを感じるのは、書類の提出がないことです。(すべての書類ではなく例外もあります)
領収書は5年間は保管しておかなければいけないのですが、非常にありがたいです。

3.還付金が早い
昨年、還付が一部できたのですが、本当に早かったです。
通常だと1か月以上経って忘れたころに通知がくるのですが、提出書類もないというのも影響しているのかもしれませんが、スピーディです。

・・・と、ここまで一般的なメリットを述べましたが
個人的に最大のメリットは、納税額のシミュレーションができることだと思います。

経費がどれくらいだと納税額がいくらなのかとか、青色申告をした場合はどれくらいになるのか
事前に確認できることです。

仮の数値で複数棟になったときのシミュレーションもできるので、将来の計画もイメージできます。

もちろん間違った内容で申請しないように注意しないといけませんが
税金を勉強するのに非常に有効だと思います。
(こういう使い方のためのサービスではないですが、、、)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする