新築アパートの建築期間はどれくらい?

新築アパートで土地から建てるとなると建築期間が必要となります。

建築許可が終わったあとにどれくらい必要なのか。

アパート会社に確認したところ、3ヶ月くらいを要するようです。

中には最低でも4ヶ月以上かけて丁寧に実施するアパート会社もあります。

ある程度、建築工法もユニット化され工数が軽減されてすぐに建築されるようになったのでしょう。

オーナーは、アパートの種類(一人暮らし用か、ファミリー用か)と色合いを決めて、追加設備(宅配ボックスなど)を伝えるだけです。

自宅を建築したときは、基礎工事から含めると半年以上かかりましたので驚異的な速さに感じます。

アパート経営なので、早く家賃収入がほしいので
建売アパートや工期の短めのアパートを購入したくなります。

つなぎ融資の関係で建築が長期化すると余計なコストが発生し、収支計画に影響します。

賃借人の繁忙期に間に合わせるためなら、工期は早いことに越したことはないです。

ただし手抜き工事は、結果アパート経営に悪影響を与えます。

外壁の手抜きで雨漏りが発生したら、早く建築した意味がありません。

専門的な勉強は必要ないと思いますが、建物にこだわりのあるアパート会社があれば、検討しているアパート会社の物件と比較すると良いと思います。

またアパート仕様は、建築費用は、アパート会社のマージンがあるたも必ずしも比例するわけではありません。

工期を早めて堅実なアパート経営ができないのは、意味がないのでじっくり比較検討が必要かと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする