新築プレミアムより礼金を取れる新築アパート

新築プレミアムで相場より高めの家賃を設定するより、礼金を取れる部屋を作るほうが良いと思います。

敷金、礼金は賃貸契約時に賃借人が一般的に必要な費用です。

客付が激しくなると、賃借人へのコスト負担をなくして、入居しやすくするために敷金礼金をゼロにする場合があります。

敷金は退去時のクリーニングに充てがうためには、大家にとって必要なお金です。

礼金は地域によっては慣習的にとります。
※京都など必ず取る地域があります。

新築プレミアムで数年後、家賃下落するのであれば、確実に礼金が取れる物件のほうが良いです。

それだけ新築アパートの価値があるということです。

厳選された地域、競争力がある仕様、積極的に提案できる管理会社がついている新築アパートであれば、充分に取れる地域があります。

また新築アパートの表面利回りには、礼金は含まれていません。

なのでアパート経営オーナーにとっては、ボーナスみたいな収入です。

注意しないといけないのは、管理会社によっては礼金をオーナーに渡さない契約になっている場合があります。

管理会社との契約は注意しないといけません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする