消費税還付をするべきなのか

昨年、新築アパート経営を進めていくなかで、いくつかの業者から「消費税還付」ができますと提案されました。

不動産投資を本格的に開始した頃に、税理士の方と話す機会があったのですが「今の消費税還付は、非常にグレーな方法でしかできないのでお勧めしません」と言われたことがあります。

そのあとに不動産投資で有名な税理士の方が、無料で電話相談を受けてくれる機会があったので、ストレートに聞いてみたところ、こちらも「電話では伝えにくい内容です」と回答をもらいました。

実際に会って説明を聞くと「ある方法で売上を数回立てる」ということなのですが、初心者の私が聞いても確かに正当な方法ではないように思えました。

来年度からの税制改正で、速報的には「もう消費税還付はできなくなる」という内容のブログをいくつか拝見しましたが、手法を正しく理解していない私でも興味を引く内容でした。
※一説には、完全には塞がれてないような解釈もあるようです。

私の知り合いのサラリーマン投資家の方で、購入ごとに法人をつくって消費税還付を成功している人もいます。
※最近、情報交換をしていないのでこの手法を継続されているかは定かではありません、、

自分の購入する物件を一度試算をしてみたのですが、投資する物件の建築コストがそれほど高いものではないので、還付額に対して、法人設立の費用や税理士への手数料(成功報酬)がそれなりにかかるので、金額としてあまり旨みがありませんでした。

昨年は、「消費税還付」を売りとした新築アパート会社が広告をかなり出していましたが、今後どうなっていくのでしょうか。

私にとって「消費税還付」は、あくまでもオプションの一つくらいしか見ていません。
不動産投資は、安定したアパート経営のために優良な物件を選ぶべきです。

目先のキャッシュフローのために消費税還付の優先度が高くなり、本来の不動産投資の目的を見失ってしまわないようにしないといけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする