驚愕!都内新築鉄骨造の利回り

インターネットで情報がリアルタイムで大量に飛び交う中、私は就職して以来、かたくなに日経新聞を購読しています。

最近、不動産投資関係の広告が増えてきました。特に夕刊の下段広告は、区分マンションセミナー類の広告が増えてきたと思います。(ほとんど、似たような内容なので特色がないですが、、、)

たまに朝刊のチラシにも、分譲マンション、住居用の新築戸建以外にも不動産投資専門の内容が時折入ってくるようになりました。

景気が上向き始めている世間の動きの表れか、投資に対する興味が湧いてきたのか、不動産投資に興味のない人へにも少しづつ接点が増えつつあるような気がします。

不動産投資のチラシは、対外中古物件が主だった内容なのですが、先日、めずらしく新築鉄骨造のチラシが入っていました。

都内の主要駅から10分以内の物件ばかりが並んでいます。
3階建てで9戸と小ぶりながら新築RCだと軽く2億円前後になります。

驚いたことにほとんどの利回りが5%台の前半、、中には、4%台で販売しているものまであります。

年間収入は1,000万円前後ありますが、2億円以上もかかるとなると、相当金額の頭金が必要です。
初心者のサラリーマン大家には考えられないスケールです。

しかもRCでなく鉄骨造と表記されていますが、軽鉄骨造であれば19年と短いです。

都内なので、やはり間取りも1Kでおそらく20㎡もないでしょう、、、

5棟チラシには書かれていましたが、どういう客層が買うのでしょうか。

不動産投資の本で新築区分マンション買わないほうがいいと言われていますが
一棟モノでもこのような条件だとキャッシュフローがほとんどないのではと思います。

新築木造アパートが一番良いとも言い切れませんが、鉄骨造
都内、新築は憧れでもありますが、身の丈に合った投資判断が必要だと改めて思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする