やはり融資は条件によって変わる

2棟目の金利がようやく確定しました。

新築を連続で購入したいため、新築アパート会社の担当と相談して、S地銀にして頭金を少なめにして実績を作ってから、3棟目をチャレンジすることにしました。

融資期間は、35年で3%前半です。
キャッシュフローは、月10万円くらいですが、数年後に金利交渉予定です。

新築アパートの担当から同じ地銀でも、属性によって金利条件は異なると聞いていましたが、支店によっても差が出るようです。

同じ銀行で断られると中々、他支店で相談しても同じ結果だろうと半ば思っていましたが、やはり違うようです。

同時期に同じスペックのアパートを購入された方がいらっしゃったのですが、結果は変わりました。

融資期間は、30年で3%後半でした。

1.支店によって異なる
支店長の方針にもよるらしいのですが結果が変わります。今回は東京と神奈川の支店違いで、オーナーの利便性を優先して神奈川支店で実施したことだったのですが、差が出てしまいました。

2.融資担当者によって異なる
やはり実績のある融資担当がつくと、スピードも含めて変わってきます。不動産投資が積極的な支店でも、担当者によっては結果が変わるようです。ここは、紹介なしでは中々難しい条件ですね。

3.自己資金が変わる
支店によって、フルローンでいける場合といけない場合があります。
今回は、結果諸経費のみの自己資金で融資をいただくことができました。

初心者が金融機関を開拓することは大変です。

専門の不動産会社で時間をかけずに効率的に融資を獲得していきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする