不動産投資は「まぁこんなもんだろう」と思う気持ち

アパート経営をする際に、利回りやキャッシュフローを重視して物件購入を検討することが多いです。

物件情報もその視点でみてしまいますが、最近、過度な期待はしてはいけないなぁと思うときがあります。

一言でいうなら「まぁこんなもんだろう」的な感覚で投資しておいたほうが気が楽だなぁと思います。

株式に集中していたときも、利益が出れば「もっと買いたい」と思うし、損失が出たら「もっと早く売るべきだった」と後悔の連続でしたが、最後は何億円も稼げるわけがないし、「まぁこんなもんだろう」と思うことで自分を落ち着かせ止める決断ができました。

巷の不動産投資の本やブログを見ていると、武勇伝的な話に興味がわき、自己資金がなくてもここまでできる(むしろやらないと意味がない)くらいの心境になりがちです。

本当は、もっと堅実な投資なはずが、株式投資並みの爆発力を持っているような投資として騒がれて、その風潮に流されると不動産投資自体を見誤るのではないかと思います。

私が不動産投資の考え方で共感している投資家の方で、十数億円の資産を所有されている沢孝史先生がいらっしゃいます。沢先生が本に書かれた、下記の内容がとても印象に残っています。

自分の投資した物件はヒット物件ばかりで、ホームラン物件はない。でもアウトになる物件もない。

良い不動産投資をするための真理をついた一言と思い、自分も「ヒット物件」を意識して取り組んでいます。

早期にセミリタイヤしたい人は「新しいことへの挑戦のため」「いまの生活からの脱却」など高いモチベーションで考えているので、ホームラン物件を何発も打ちたいんだと思います。

私は、不動産投資でセミリタイヤは当面考えていません。

【関連記事】

セミリタイヤがゴール?踏み切れない3つのポイント

人それぞれだと思いますが、ホームランばかり期待していると、打てなかったときのギャップが大きいので

「まぁこんなもんだろう」と思いながら、コツコツと不動産投資で資産を積み上げていくようなスタンスが大事かなぁと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする