シンボルツリーによる効果は絶大

新築アパートを建築するうえで、いろいろこだわりが出てきます。

こだわることで客付にも影響するからです。

出来上がった新築建売アパートもいいですが、可能であれば多少のカスタマイズができるアパートを購入ほうが良いと思います。

室内の間取りや設備仕様は当然のことですが、外観も重要です。

賃借人を案内する際に、外からの印象は特に重要で部屋に入る期待感を上げてくれます。

外壁のカラー、館銘板(アパート名の入った看板)からライトの位置によって大きく印象が変わります。

アパート会社の方の提案で「シンボルツリー」を入れることを進められました。

「シンボルツリー」は、馴染みのない言葉かもしれませんが、いわゆる「記念樹」になります。

最近の建売住宅(戸建)でも狭い庭でも玄関前に入れることで目隠しにもなるので、シンボルツリーを設置されることが流行っています。

特に女性からの受けは絶大です。

緑を入れている物件が多いですが植木鉢に並べるのではなく、地面に直接植えることで建物自体に一体感が増して、オシャレ感もでます。(さらにライトアップすれば尚良しです)

シンボルツリーにもいろいろと種類があります。

まずは、常緑樹、落葉樹を選びます。

比較的長期間、葉が落ちない常緑樹がおススメです。

名前の通り冬期になってもすべて落葉しないので、年間を通じて葉をつけてくれますので、清掃のメンテナンスも楽です。

人気のある常緑樹は、以下になります。

・シマトネリコ
・ヒメシャラ
・ハナミズキ(花水木)
・ヤマボウシ
・サルスベリ(百日紅)

今度建築予定のアパートでは、 シマトネリコの予定です。

シンボルツリーを入れることでスペックが大きくアップいたしますので

もし設置できるのであれば、導入したいアイテムです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする