二人暮らし用アパートにする選択

今週末は、天気も良く清々しいですね。

多くの地域の運動会が開催されたのではないでしょうか。
アパート経営を考えるときに、大抵の不動産投資関連の書籍には、単身者かファミリーかで戦略が大きく変わると書かれていますが、最近、二人暮らしを前提に考えるのも一つかなと思います。
単身者の場合は、1Kロフト付の従来型のアパートですと、競争力がなく長期で賃借人が付く期待できません。
ファミリーは、広くて設備仕様が良く、長期で賃借人が期待できても、空室からの客付けが容易ではありません。
※住宅ローンも低金利のため、マンション購入とも競合します。
二人暮らしは、基本1LDK〜となりますが
競争力がある物件になると思います。
新築アパートは、単身者向けと考えずに探してみるのも良いかと思います。  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする