【書評3】妻を社長にしてワンルーム経営 台場史貞 (著)

区分マンション向けですが、タイトルの「妻を社長にしてワンルーム経営」という法人化にする内容の本でした。
※プライベートカンパニーを持つことは、昔から使われている手法ですが、最近この手の本が多くなった気がします。

区分マンションで事業的規模(10戸)を自分も当初、目標にしてきましたがにするには、時間がかかるのであきらめて新築アパートに路線を変更しました。

筆者は10年以上かけて達成したとのことで、15戸で50万円/月の不動産所得を得るまでなった内容です。
時間を掛ければ出来るものなんだと感心して読みました。
(私は3年で断念しましたが、、)

筆者は、都内中古ワンルームで有名なN社から物件購入して管理を依頼されているようです。
※N社は、社長自ら本を出版された先駆者的な会社ですが、オーナーの方も書く時代になったのですね。また紹介しますが他の同社経由でオーナーになられた方も本を書いておられます。

「N社の本を読んでオーナーになった方が本を書く」すごい時代になったのだなぁと思います。
※それだけ浸透したことを考えると、いろんな意見はありつつもN社の不動産投資に対する影響の大きさを感じます。

内容は、一般的なことでありながら、プライベートカンパニー(資産管理会社)の説明は、初心者の方でもメリットを感じるわかりやすい内容です。

区分マンションは初心者向けと紹介されることも多いかと思いますが、リスクなしで長期で資産形成するには有効な方法だと思います。

その他の書評
【書評1】ハワイ プチ富豪の成功法則 
【書評2】資産10億 最速達成!不動産投資

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする