新築プレミアムのないアパート

新築アパートでの不動産投資で、デメリットの一つに必ずあがる新築プレミアム

新築アパートで立地の相場より高めの家賃で設定されることです。
新築アパートは、中古アパートと比較しても高価格なので利回りを維持するために、シミュレーションの家賃を高めに設定される場合があります。
中には、家賃相場の1万、2万円も高めに設定されている物件もあります。
残念ながらこの事実は否定できないです。
自分も新築アパートを探していた最初の頃は、このような物件を提案されたことがあります。
ただし、新築プレミアムを加味しない家賃設定で販売している堅実な新築アパート会社もあります。
間取りや設備が計算された家賃下落が少ない仕様のアパートです。
新築アパートが全て新築プレミアム対象であるという、決めつけた見方はしないほうが良いかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする