団体信用生命保険での繰上返済は有効か

融資条件で団体信用生命保険がある場合に繰上返済は必要なのか。

自分が相談している金融機関から融資条件に団体信用生命保険を付けてくださいと言われています。

当然、金利が高くなるのですが、連帯保証人や共同担保も必要ないため、家族を説得するうえでは必要なので条件を取り入れようと思っています。

複数棟購入を目指す方は、次の融資獲得のために負債を減らして無担保に近づけるために積極的に繰上返済を進める場合もあるかもしれませんが、生命保険のメリットを最大限に活かすのであれば、繰上返済をせずにできるだけキャッシュフローを活用するほうが良いのではないかと思っています。

繰上返済をするより金利交渉するほうが有効なのではないかと思っています。(金利交渉は大変とも聞きますが、、)

余談ですが、住宅業界の方から、住宅ローンは変動金利になると1%以下が当然の低金利です。しかも団体信用生命保険がついているのに繰上返済するのはもったいないということを聞いたことがあります。
繰上返済することにより低金利のメリットを放棄しているという理由です。

自分にとっては、当面、出口戦略を想定していない新築アパート投資なので、長期的にメリットを享受できるほう選択していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする