最初の一棟目の融資先が大事

「最初の一棟目の融資先は大事です」

新築アパートを相談している担当者からのコメントです。

「属性がよく、金融資産があるのであれば、フルローンなどを狙わずに頭金を入れて良い銀行で融資を得たほうがいいです。今後複数棟持ちたいのであれば、尚更です。」

自分のように短期で複数棟を取得したい場合は、最初にノンバンクから借りると、次の融資審査までに時間がかかるようです。

同時に2棟取得したいと思っている場合には、ノンバンクは銀行間で共有されている個人信用情報に載るため、他の金融機関で借入ができないことになります。

今回は、1棟目の借入を年内にし完成時期を来年にするなどして2棟同時に挑戦しています。

同時購入はレアなケースかもしれませんが、某有名新築アパート会社は、同時に2棟、3棟を推奨している場合もあります。(その会社は、ノンバンクと提携しているために実現できます)

「ノンバンクから都銀、地銀への借り換えができるから大丈夫」と説明する営業担当もいますが、当然保証はありません。いつ金融情勢が変わって引き締めがあるかもやしれません。

現時点の理想は「固定、1%台、団体信用生命保険付(保証人不要)」で進めることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする