遠隔地のアパート物件

新築アパート会社にいくと大抵首都圏ではなく地方物件を提案されます。

最近多いのは

名古屋
福岡
大阪
仙台
広島

といった感じでしょうか。

都内にいると地方になかなか簡単にはいけないです。
収支計画で物件を選択し図面とgoogleストリートビューでなんとなく場所のイメージをつけるしかありません。

・・・ですが、やはり現地は行ったほうがいいです。
日帰りでもいいので、2~3万円かけても見ておいたほうが確かです。

現地には資料やインターネットでは絶対にわからない雰囲気があります。

・人の流れ
・近くのコンビニの利用度合い
・最寄駅の混み具合
・周囲の競合アパートの状況

訪れるだけで、確証され「買付してもいいかも」ということになります。

私もどうしても名古屋の物件を確認したく、日帰りで早朝の新幹線に飛び乗り、最終時刻まで確認したことがあります。
(JR東海ツアーズでは、お得な日帰りパックがあります)

「百聞は一見にしかず」

数千万円の事業なので、この考えは守っていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする