不動産投資セミナーを選ぶ際の7つのポイント

不動産投資の知識を得るにはいろいろあります。

「不動産投資本を読む」
毎週のように新刊が出てきます。
自分にあったスタイルのものがあればいいですが
新築アパート系は本当に少ないです。。

「先輩大家(メンター)に相談する」
私も会社に一人いますが、中古アパート、RCの方なので
新築アパートの相談がなかなかできません。。。

次に手っ取り早いのは「セミナーに参加」だと思います。

新築アパート系会社主催のセミナーには何回か参加しました中で
基準としているポイントを7つにまとめてみました。

1.人数が20名前後(多くても30人)
「人数が少ない」=「会場が狭い」ほうがいいです。
聞き取りも明確ですし、大抵はプロジェクターで資料を投影されるので
多いと見るのも大変です。

場所が決まっている場合もありますが、早い時間にいって
一番前の席で座って聞くほうが、同じ時間を過ごすのでは得るものが違ってくると思います。

2.毎週のように開催はしていない
毎週のように開催しているセミナーは、はっきり言って慣れた感じで面白みがないです。
マニュアル化されていて、最新の不動産トレンドもなかったり、私見もないので
就職セミナーで会社案内を聞いている感じです。

3月に1回くらいのペースで実施している会社セミナーに行くほうが
内容の濃いセミナーだと思います。

3.ゲストスピーカーがいる
自社の説明で終わるのが大抵だと思いますが
投資家が講演するほうが客観的な意見が聞けます。
(主催会社の悪いことは言わないですが、、、ポイントやトレンドを改めて言ってもらえます)

中には実際に購入されるオーナーさんが話す場合は興味深いです。
(はっきりと他社と何が違うかを言ってくれるので説得力があります)

4.一番売りの物件がある
「最新の物件情報」を案内など事前に告知されている場合は
今一押しの物件を合わせて出してくるので
会社の方針などが反映されているので参考になると思います。

5.相談会がある
相談会は積極的に聞くべきです。
営業されるのが困ると思う方は黙ってアンケートを出して帰る方もいるかと思いますが
会場には営業社員が全員来ている場合もあるので、身なり、言動などで
会社の体質も見れるので、積極的に話掛けたほうが得です。

さらに自分は敢えて初心者な質問をして正しく回答してくれるか見るようにしています。

あと、人数が多い会場だと相談会自体が制限されている場合もあるので
セミナーに参加する前に予約できるのであれば申し込んでおくほうがいいです。

6.懇親会がある
相談会の延長のような感じですが、不動産投資を目指す同じ志の方が多いので
話掛けてみるといろいろな発見があります。

まだ物件を持っていない人から、すでに何棟も持ってる人まで様々なので
参考になる話をその場で聞けると思います。(連絡先交換まではいかないですが、、、)

7.社長がいる(場合がある)
営業の方は、資料請求などすれば会う機会はいくらでもありますが
会社のトップの方と直接話を聞ける場はそうないです。
こちらも言動などで会社の姿勢がわかるので良い機会だと思います。
(名刺をもらえるのであれば、積極的に交換しましょう)

有名な会社で社長が憮然として、部下に指示だけしているような場面を見たことがあるのですが
あまり良い気がしませんでした。(実際、営業の方も良い印象ではありませんでした)

良い印象のセミナーの後は実際に会社に訪問することが大事です。
より会社の姿勢などを知ることができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする